一般歯科・小児歯科

一般歯科

一般歯科とは、歯科で最も多い「虫歯の治療」を行う診療科目です。虫歯というもの、またその進行段階や治療法についてご説明します。

虫歯とは

虫歯とは

ミュータンス菌がつくり出す酸が歯を溶かしてしまう病気、「虫歯」。初期段階のうちは適切な歯磨きなどで改善できますが、一度穴があき始めてしまうと進行する一方で、治療も難しくなってしまいます。

虫歯の原因は歯垢と磨き残し。奥歯や歯と歯の間などには歯垢がたまりやすく、また歯磨きもしにくい部分であるため、磨き残しが出やすくなっています。そういった部分は特に注意して丁寧な歯磨きを心がけ、虫歯を未然に防ぎましょう。

虫歯の進行と治療法

虫歯の治療は、その進行段階によって異なります。初期であれば治療も簡単に済みますので、違和感に気づいたらすぐにご相談ください。

C0

C0

歯の表面が溶け始め、白く濁ります。この段階ではまだ歯を削る必要はなく、適切な歯磨き、フッ素塗布で治ります。
C1

C1

歯の表面のエナメル質が溶けた段階。神経には届いていないため痛みはありません。歯を削り、詰め物をします。
C2

C2

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した段階。エナメル質に比べやわらかいため進行が早く、神経に近いため冷たい物や甘い物がしみます。虫歯部分を削り、詰め物をします。
C3

C3

さらに内側の歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行した段階。歯は大きく溶かされ、激しく痛みます。虫歯により歯髄は死んでしまいますが、それを取り除き天然歯を残すための治療「根管治療」を行います。
C4

C4

歯冠部(歯の上部)がなくなり、歯根部だけ残っている段階。歯髄が死に痛みは感じませんが、強く噛むと痛みが生じる場合があります。この段階までくると、抜歯が必要になります。

歯医者は苦手だけど、痛いのはイヤ……そんな方に3mix法

歯医者は苦手だけど、痛いのはイヤ……そんな方に3mix法

虫歯治療は早めが基本ですが、つい歯医者が苦手で放置してしまった……という方、「3mix法」という痛みのない治療法をご存じですか? 「3mix法」は、虫歯部分を削らず細菌を薬で殺すことで、従来では取り除かなくてはいけなかった神経を残すことができる画期的な治療です。

神経は象牙質に栄養を送り、感覚を与えるもの。神経を取り除いた歯はもろくなってしまいます。つまり、神経が残せるこの「3mix法」は、削る痛みがないだけでなく、天然歯のために非常にすぐれた治療なのです。

※この治療はすべての虫歯に適応できるわけではありません。上記のC2~C3の段階、象牙質の深い部分の虫歯で、まだ神経が生きている場合に有効です。

根管治療

根管治療

虫歯が進行して歯髄まで侵されてしまった場合に行う根管治療。根管治療は、過去に根管治療を行った歯が再び細菌に感染してしまった場合にも行われます。

根管治療では、虫歯に侵され死んでしまった歯髄を取り除き、歯根をきれいにします。この治療により、天然歯を残すことが可能です。治療時にはルーペを使用し、肉眼で見ることが不可能な部分までしっかりと治療していきます。

小児歯科

小児歯科

小児歯科では、乳歯が生え始める頃から永久歯に生え替わるまでの期間の診療を行います。

この時期にきちんと歯科診療を受けることは、将来の歯の健康だけでなく全身の健康にもつながる大切なもの。怖がらずにスムーズな治療を進めるために、お父さんお母さんにそばについていただくことも可能ですので、お気軽にお申し出ください。

小児歯科では何をするの?

虫歯になりやすい乳歯の診療は、虫歯の治療と予防が中心です。虫歯の予防処置としてのフッ素塗布やシーラント、歯磨き指導のほかに、永久歯が正しい位置に生えるよう誘導する事前処置や過剰歯の抜歯なども行います。

小児歯科では、丈夫な歯と正しい噛み合わせを育てる処置を子供の頃から適切に行うことで、お子様のすこやかな成長を導くお手伝いをします。

予防処置

お子様の歯を虫歯から守る処置として、「フッ素塗布」と「シーラント」があります。

フッ素塗布

フッ素塗布

エナメル質を強くし歯を再石灰化する効果を持つフッ素を、歯の表面に塗布することで歯質を強化する処置です。虫歯になりやすい乳歯や、生え替わったばかりの永久歯に効果的です。

シーラント

シーラント

複雑な溝を持つ生え替わったばかりの永久歯の奥歯を、歯科用プラスチック樹脂で埋め、食べカスをあらかじめ詰まりにくくする処置です。それによって歯磨きもしやすくなり、虫歯を予防できます。